トップ  >  XOOPS X (ten)の設定しましょう  >  ユーザーモジュールの一般設定
 

ユーザーモジュールの一般設定

 

 

 

 画像 1.

 

 

 

1番上の「新規ユーザの登録を許可する」

 

サイト出来てからでないと危険です。

 



ブログサイトを作る→登録者だけ投稿するサイト?

管理人だけ投稿するサイト?

誰でも投稿するサイト?(危険です)

 

 

   ここの設定を いいえ にしても、管理画面内から管理人だけが、

 

   選んだ人を新規登録できます。

 

 

ユーザ自身のEmailアドレス変更を許可する 

 

 管理人は、いいえ にしています。

 

 


0 のところプライベートメッセージ

 プライベートメッセージを確認するようにしています。

 

 新規登録ユーザアカウントの有効化の方法

 

 新規登録を、許可した時に、登録者のアカウントをどうやって許可するかです。

 

この推奨方法は、登録した、メールアドレスにサイトが自動でメールを送り

 

その本文のキーを クリック して登録される方式です。イタズラの登録を防ぐためです。

 

その他に「管理者が確認してアカウントを有効にする」方法があります。

 

 

 
 

 

 

画像 2.

 

 

 

 アバター画像のアップロードを許可する

 

管理人は、いいえ にしていますが、コミニティーサイトなど運営する場合など

 

変更できます。

 

その他は、変更していません。

 

 

 

 

 
 

 

 

画像3

 

 

利用許諾文を表示する を はい にしてしたの利用許諾文を読み、

 

編集したい場合は、編集する。何度でも後から変えられます。

 

 

 

完了したら、送信をクリック。ユーザー管理の画面が出ます。

 

 自分のユーザープロフィール 編集します。赤丸をクリック。

 

 

 

 

下画像になったら、メールのチェックをはずし送信
 

 

 

 

 

  XOOPS本体の設置、設定の例は、ここまでです。

 

設定を少しずつ変えて、ログアウトして、一般の人にどう見えるか試して

 

見ましょう。何回でも、出来ます。

 

 次は、モジュールの追加をして見ます。
 



 
プリンタ用画面
前
互換レンダーシステムの一般設定
カテゴリートップ
XOOPS X (ten)の設定しましょう
次
ブロックの設定